四十肩 五十肩 (肩関節周囲炎)

2018年03月20日(火)

 40代から60代にかけて起こりやすい四十肩、五十肩。ある日突然、腕を動かした際に、肩に激しい痛みを感じて発症する場合が多く、腕を前方、側方、後方になどに上げれなくなります。通常、その激しい痛みは、数日間から数週間で治まりますが、痛めたことで肩の関節可動域が急激に狭くなり、棚の物を取ろうと腕を上げたり、衣服の着脱をする際などに痛みを感じるようになってしまいます。

 

 

 ゴルフや野球、バレーボールといったスポーツはもちろんパフォーマンスが低下するし、日常生活動作も辛くなります。

 

 四十肩、五十肩の原因は、肩関節の腱や靭帯の加齢による変性、つまり、老化現象です。肩関節周辺の腱や靭帯が加齢により柔軟性を失い、ちょっとした日常動作をきっかけに発症することが多いです。

 

 大阪市中央区、松屋町、谷町四丁目、堺筋本町エリアにある【そら鍼灸整骨院】では、四十肩、五十肩になった場合、鍼治療をお勧めしております。痛みが発症した初期は、鍼治療で患部の血液の流れを変えていきます。鍼の刺激が患部の血流を増やし、血液が痛んだ組織の修復を早めます。

 

 継続的に鍼治療をすることで、「10」あった痛みが「0」近くまでなってくると、今度は、肩関節のストレッチをおこないます。ストレッチをを継続することで、関節の可動域が増えてくると、今度は、ローテーターカフ(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)の筋力トレーニングおこないます。筋力が上がってくると、日常生活動作がスムーズに無理なくおこなえるようになります。

 

 ただし、治癒していくまでの期間は、個人差がかなりあり、早い方で1ヵ月半から3ヵ月、遅い方で6ヶ月から12ヶ月くらいかかる方もおられます。また、治療をはじめて初期の頃は、治療後、少し症状が良くなっても、時間が経つとすぐにまた痛みが出でしまうこともありますが、継続的に根気よく治療を続けることで、徐々に痛みを感じない楽な時間が増えていくことが多いです。中長期的に治療期間を見積もっておいた方が良いでしょう。

 

森 健浩

そら鍼灸整骨院 院長 

パーソナルトレーナー

ボディデザイナー

1995年大阪ボディビル選手権バンタム級 優勝

  |